飛行機の中を少しでも快適に過ごしたい

  • 2018年11月19日
  • 2019年2月6日
  • 雑記
  • 199view

自分は今年の9月にメキシコとキューバに行ってきました。

楽しかったのですが、地球のほぼ反対側です。

何時間ぶっ続けで飛行機乗ったと思います?

14時間ですよ

 

ということは半日飛行機の中で過ごすことになります。

もはや飛行機が家と化すので、そこでの過ごし方でその後の旅行に大きな影響を及ぼすでしょう。

ここで自分が実践した、少しでも飛行機を快適に過ごす方法を教えます!

広告

飛行機での快適グッズ

ネックピロー

定番で必須のアイテムですが、ここ最近は種類が豊富です。

その中でも自分がオススメするのが、膨らます式のネックピローです。

普段は収納に場所を取らないのがいいです。

このように付属のポンプをプシュプシュ押して…

好みの硬さに膨らませます。

空気を抜くときは

ワンプッシュでいけます。

このポンプ付タイプがオススメです。

フットレスト

足置き場があることによって、体の負担も大きく違います。

下の図はフットレストの効果を示したもので、お尻に負担がかかっていないのが分かります。

Quotation From(引用)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jje/52/Supplement/52_S418/_pdf

フットレストは長時間座る必要があるときは有効です。

フットレストも種類がいくつかありますが

こういう床置きタイプのやつがいいです。

違うタイプとして

座席のテーブルに引っ掛けて使うタイプがありますが、狭いところだと十分な効果を発揮しませんでした。

フットレストがあっても、足を伸ばしきることは出来ないとういう観点から、床置きタイプが幾分か楽という答えです。

床置きタイプのフットレストも膨らませる式で収納に困りません。

乾燥対策

飛行機の中は室温を一定にするために、乾燥するようになっています。

喉をやられないためにも乾燥対策が必要です。

マスクリップクリーム飲み水を準備しておきましょう。

動きやすい格好

飛行機の中でおしゃれは必要ないです。

長時間座ることに耐えれる服装をしましょう。

とくに下半身の格好は大事で、デニム系よりもスウェットタイプ、そしてハーフパンツがなおいいです。

ダウンジャケット

人によって適温というのは違います。飛行機は寒い人は羽織ればいいという考えで、室温を低めに設定してあります。

したがって個人で体温調整ができるように、上着は必要です。

オススメはユニクロの「ウルトラライトダウン」です。

知っての通り収納力も優れていて、保温の効果も抜群です。

飛行機での時間つぶしアイテム

快適さを追求した次は、時間を忘れるくらい集中できるものがほしいですよね。

せっかくなら到着までただ耐え忍ぶという感覚ではなくて、まだ着かないでほしいと思うくらい有意義な時間にしたいです。

飛行機内でのポイントは電波がないということです。

これを克服するような準備が必要です。

オフラインアプリゲーム

通信を必要としないアプリゲームです。

iPhoneやiPadであらかじめアプリをダウンロードして、機内で楽しみましょう。

自分的にはアクションのような細かくスマホ操作が必要なゲームより、パズルゲームのように細かい操作は必要なく、頭脳を使うゲームが酔うことがなくオススメです。

自分がメキシコ旅行の時に一番やったゲームがこちら。

スバラシティ まち作りパズル

スバラシティ まち作りパズル

Ryuji Kuwakiposted withアプリーチ

あくまで電波がない状態でも楽しめるゲームだけです。ダウンロード前に確認しておきましょう。

動画サービス

動画アプリで映画やドラマをダウンロードしておいて、電波がない状態でも楽しむ方法です。

オススメは以前に何回も紹介した、Amazonプライムです。

過去の記事はこちら。
👉https://do-likeone.com/2018/10/29/post-826

AmazonプライムはiPhoneやiPadにダウンロードして、保存しておくことができます。

飛行機内の映画も新しいものがそろっていて面白いですが、併せて持っておくといいでしょう。

雑誌読み放題サービス

雑誌をあらかじめダウンロードしておいて楽しむ方法です。

これも過去の記事で紹介しています。
👉https://do-likeone.com/2018/10/29/post-826

楽天マガジンが月会費が安くてオススメです。

スマホスタンド

iPhoneやiPadを立てておくのに、スタンドが大いに活躍しました。

とくにiPadは手で保持するのはキツく、置いておけるのは快適です。

いろんな種類があるので自分に合うものを探してみてください。

さいごに

狭いところに座り続けていて怖いのがエコノミー症候群です。

血が滞留することによって、内部で固まった血が体内のあらゆるところに詰まる病気です。

これを防ぐためには途中で立ち歩いたり、軽くストレッチすることが有効で、トイレも頻繁に行った方がいいです。

閉鎖された空間で気持ち的にもイライラするので、これまで紹介したアイテムでノンストレスな快適な旅を目指しましょう。


Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくかです。この記事は誰でもできる、生活費の削減を紹介しています。これから社会人となっていく人には特に読んでほしい内容です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。