カートとクレジットカード

使う場所によって選ぶベストなクレジットカード【まとめ】

こんにちは。元消防士ブロガーのゆきち(@yuki_one2)です。

熊がパソコンを
皆さんはクレジットを使い分けていますか?
犬が疑問
ん?一枚のクレジットカードを使っているよ。
熊が虫眼鏡を覗く
クレジットカードは場所によって還元率が違ってくるんだよ!

クレジットカードは各社が競って出していて、自分の店舗で使って欲しいため場所によって還元率に優遇があります。

例えば有名なクレジット「楽天カード」だと、普段使いは利用料金の1%還元ですが、楽天市場で使うと5%還元にすることができます。

こんな感じで各社は自分の店舗に優遇をつけてクレジットカードを作っています。つまり使う場所によってクレジットカードを使い分けると、効率よく還元を受けることができます。

今回は「どこでどのクレジットカードを使うと、最も効率よく還元を取れるか」を紹介します。
広告

使う場所によって選ぶベストなクレジットカード【まとめ】

Google検索で「クレジットカード オススメ」などと調べると、クレジットカードを比較したサイトがたくさん出てきます。

しかしこれには注意してください。

上位検索で出てくる「クレジットカード比較サイト」は収益のことを考えて作られているので、消費者のことを考えていません。

つまり比較サイトのほとんどは利益のことを考えて作られているため、紹介料が高いクレジットカードをオススメしています。ここには注意が必要です。

しかしこのブログでは自分が持っていて、なおかつ本当に良いと思うクレジットカードだけを紹介しています。

そもそも自分がオススメできるクレジットカードの条件は2つあります。

  1. 年会費が無料であること
  2. 貯まるポイントが使えるポイントであること

なので消費者にとって有益なものだけを紹介します。

 


 

そして今回紹介するクレジットカードを使う場面は以下の通りです。

  • コンビニで支払う時
  • ネットショッピングで支払う時
  • 税金を払う時

 

はじめに結果から言うと今回クレジットカードを使う場面で検証した結果、ほとんどの場所でKyashが一番有効でした。

kayshリアルカード

kyash」の還元率は常時2%+「チャージするクレジットカードの還元率」で、さらにkyashはスマホのアプリとも連動することができます。

すぐに作るべきカードだと今回で確信しました。それを踏まえて「場所によって選ぶクレジットカード」を紹介します。

kyash公式ページに行く

コンビニで支払う時に使うベストなクレジットカード

大手の3つのコンビニを紹介します。

セブンイレブン

セブンイレブンには「セブンカード・プラス」と言うクレジットカードがありあります。

セブンカードプラスのカード

年会費:500円(年間5万円の利用で無料)

セブンイレブンの利用:1.5%還元(nanacoの利用)

セブンイレブン以外の利用:0.5%還元

貯まるポイント:nanacoポイント


「セブンカード・プラス」はカード自体に「nanaco」が付帯しています。nanacoにチャージして、そのnanacoで会計すると1.5%還元を受けることができます。
しかし残念ながら「Kyash」の方が還元率が高いので、セブンイレブンはKyashで決済するほうが良いです。

ローソン

ローソンには「ローソンPontaカード」があります。

Pontaカード

年会費:無料

ローソンでの利用:2%還元

ローソン以外での利用:0.5%還元

貯まるポイント:Pontaポイント


還元率2%で高還元なのですがKyashの方が、チャージでクレジットカードのポイントが貯まる分優勢です。
よってローソンもKyashで決済するのがベストです。
ファミリーマート
ファミリーマート専用のカードには「ファミマTカード」があります。
ファミマTカードの画像

年会費:無料

ファミリーマートでの利用:1.5%~3.5%

ファミリーマート以外での利用:0.5%

貯まるポイント:Tポイント


ファミリーマートは毎週火曜と土曜は、クレジットカード利用でポイント7倍になっています。火曜と土曜は還元率3.5%でそれ以外の曜日は1.5%還元です。

よってファミリーマートの利用は3.5%還元で、火曜日と土曜日に限っては「ファミマTカード」の利用がベストです。




ネットショッピングで使うベストなクレジットカード

ここでは「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の3つについて紹介します。

Amazon

Amazonには「Amazonクラシックカード」というカードがあります。

Amazonクラシックカード

年会費:1,350円(初年度無料。さらに年間に一度でも利用すれば毎年無料)

Amazonでの利用:1.5%還元(プライム会員は2%還元)

Amazon以外の利用:1%還元

貯まるポイント:Amazonポイント


Amazonプライム会員なら2%の高還元になり、一回でも利用すれば年会費無料になるクレジットカードです。

Amazonクラシックカードも良いカードなのですが、還元率から見てAmazonの利用はKyashがベストです。

楽天市場

楽天市場の利用には有名な「楽天カード」があります。

楽天カードのパンダと

年会費:無料

楽天市場での利用:5%還元(5と0の付く日)

楽天市場以外での利用:1%

貯まるポイント:楽天ポイント


楽天市場での利用は「通常1%+楽天カードの利用2%+5と0の付く日2%」で合計5%還元になります。

つまり5と0の付く日以外でも3%還元となり、楽天市場は「楽天カード」の利用がベストです。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングには「Yahoo! JAPANカード」があります。

赤いやふカード

年会費:無料

Yahoo!ショッピングの利用:7%~11%(5の付く日利用)

Yahoo!ショッピング以外の利用:1%

貯まるポイント:Tポイント


Yahoo! JAPANカードを持っていれば「通常1%+Yahoo!カード利用2%+5の付く日4%」で合計7%還元になります。

さらに月額462円の「Yahoo!プレミアム会員」になれば+4%で合計11%還元を受けることができます。

Yahoo!ショッピング画面

ポイント付与結果これが自分のYahoo!ショッピングでの注文画面です。

6,017円の支払いに11%還元で660ポイントが付くようになります。


よってYahoo!ショッピングでの買い物はYahoo! JAPANカードがベストです。そして還元率11%はネットショッピングでは最高還元率を誇ります。

しかしYahoo!ショッピングは商品自体が割高な傾向がある気がします。ネットショッピングでは購入の前に、他のサイトとも値段を比較することをオススメします。

Yahoo!ショッピングは「5の付く日」だけ還元率が高いので注意してください。

税金を払う時のクレジットカード

税金はセブンイレブンの「nanaco」でのみ支払うことができます。

そしてnanacoにチャージできるクレジットカードは限られており、自分がオススメするのが「リクルートカード」です。

リクルートカードの画像

年会費:無料

還元率:一律1.2%

貯まるポイント:リクルートポイント


どこで使っても1.2%還元を持つ利便性の高いカードが「リクルートカード」です。
貯まる「リクルートポイント」はPontaポイントと交換できるので、使い勝手は良いポイントです。
「nanaco」を使って税金を支払う方法は下の記事にまとめてあります。
nanacoで税金を支払う方法

こんにちは。元消防士ブロガーのゆきち(@yuki_one2)です。   車の税金とか固定資産税の出費がつらい… 税金の支払いはクレジットカードが使えないから、ちょっと損してる気分なるんですよね。 この税金[…]

今だけのキャンペーン

(2019年2月現在)キャッシュレスを使って今だけのキャンペーンもぜひ利用していただきたいです。

LINE Pay

2月12日~2月21日までファミリーマートで「LINE Pay」を使うと20%のポイント還元を実施しています。

PayPay

2月12日~「PayPay」が使える全店舗で20%還元を実施しています。この期限は還元額が100億円に到達するまでです。早い者勝ちなので急ぎましょう。

Origami Pay

2月13日~2月19日までケンタッキーで導入店舗で「Origami Pay」を利用すると、500円以上の購入で半額になります。

上限は2,000円までで全店舗で使える訳ではないですが、半額という大きいキャンペーンを出しています。

これらの情報はこのブログの「お知らせ」から見れるので、良かったらそっちも注目してみてください。

お知らせを見る

まとめ

  1. ファミリーマートは「ファミマTカード」
  2. 楽天市場は「楽天カード」
  3. Yahoo!ショッピングは「Yahoo!カード」
  4. それ以外はすべて「Kyash」

を使うと現状では効率が良い方法と考えられます。

クレジットカードの状況は日々変わっていきますので、情報が入り次第できる限り一番還元率が高いカードをこれからも紹介していきます。

最後にクレジットカードはポイントサイトから作ると、自分に紹介料が付いてお小遣い稼ぎになります。

カートとクレジットカード
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくか。特にこの記事はこれから社会人となっていく人に読んでほしい記事です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。