THEO×ウェルスナビ

THEO(テオ)とウェルスナビを比較 /どちらを選ぶべきか?

笑顔の熊
ロボアド投資の「THEO」(テオ)を紹介するよ。
犬がやる気
でもロボアドといえば「ウェルスナビ」が有名だよね。
こんにちは元消防士でこのブログを書いているゆきち(@yuki_one2)です。今回はロボアドバイザーの テオ について紹介します。

 

ロボアドとは?
簡単な質問に答えるだけで、自分に合った資産配分を提案してくれる投資サービスこと。ロボットアドバイザーの略。

 

テオ は2015年にはじまった日本で最初のロボアドバイザーです。ウェルスナビ と特徴がよく似ており、この2つはよく比較される投資方法です。

 

ウェルスナビ はかれこれ半年くらい自分も運用を続けており、今は4.6%の利益をあげています。

 

ウェルスナビの実績を数字で

 

 ウェルスナビとは?

 

今回はロボアドバイザー の テオ とはどういう特徴があるのか、また ウェルスナビ とはどういう違いがあるのかを紹介します。

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

 

この記事の内容

 テオとはどういう投資なのか。

 ウェルスナビとの比較。

 

広告

THEO(テオ)とウェルスナビどちらを選ぶべきか?

 

笑顔の熊
ふたつを比較する前にテオについて紹介するよ!

THEOのロゴ

THEOとは?

手間や時間をかけずに「貯金」を世界中の「金融資産」に移行するシステムのひとつです。

 

運営元:株式会社お金のデザイン

現代表取締役:中村 仁(じん)

三会堂ビル

創立:2013年8月 谷家 衛 氏が創業

従業員:72名(2018年時点)

本社:港区赤坂 三会堂ビル1階

 

 

有名な画家「ゴッホ」のの名前を「テオドロス」(通称テオ)といい、この投資THEOの名前の由来となる人物です。

 

画家として苦境に立たされていたゴッホを精神的にも、経済的にも支えたのが弟のテオと言われています。

 

この投資 THEO は彼のように人々を支えたいという思いから名付けられました。

悩む犬
ゴッホを支えたのがテオなんだね。

テオの特徴

 

テオは2019年で4年目を迎え、利用者は今なお増え続けている人気の投資です。

 

Medium

2月16日(土)、THEOはローンチ3周年を迎えました! いつもTHEOをご利用いただきまして誠にありがとうございます。…

 

⑴ 利用者が6万人以上

利用人数THEO

2018年年時点で3万人を突破していましたが、2019年になり67,000人を超えています。

テオの利用者は日に日に増え続けています。

 

⑵ 預かり資産が360億円突破

預かり資産THEO

2018年時点で預かり資産は230億円でしたが、利用者の増加にともない預かり資産も360億円に増加しています。

 

⑶ 手数料は資産の1%

THEO手数料

手数料は資産が3,000万円未満の場合で年率1%です。

さらに他の手数料もかかりません。

1%という手数料は標準的ですが低水準です。手数料は安いと言っていいでしょう。

マルを出すクマ
実績は十分!

新しい手数料「カラーパレット」について

 

THEOカレーパレット

 

2019年4月からテオは「カラーパレット」という新しい手数料が始まります。

 

これは投資した資産に応じて手数料がだんだんと安くなる仕組みです。

THEOカレーパレット

 

THEOを初めてすぐにでも手数料が0.9%になるのが良いですね!

熊が虫眼鏡を覗く
テオの手数料がさらに安くなる!

 

⑷ 出金手数料は無料だが制限あり

出金手数料は無料ですが、最低10万円を口座に残しておく必要があります。

10万円を下回る出金は口座解約の手続きになります。

 

THEOの使い方

 

テオ に口座さえ登録すれば、面倒なことはすべて自動でやってくれます。これは「ウェルスナビ」など、ロボアドの特徴でもあります。

投資の自動化

 運用はすべてお任せ

 

THEOのお任せ投資

 

テオ は初期設定で自分でカスタマイズするか、テオ にすべてを任せるかを選択します。ここで「THEOにおまかせ」を選択すれば、すべてを自動化できます。

 

資産運用 自体は テオ がすべて実行します。最初に出される質問に答えることで、自分に最適な資産配分を提案してくれます。

 

THEOの5個の質問

あとは口座に入金すれば運用はスタートです。

 

パソコンをいじる犬
質問に答えるだけで投資先を選んでくれるんだね。




ウェルスナビと比較する

ウェルスナビロゴ

ウェルスナビ は テオ と同じ時期にはじまった、ロボアドバイザー投資のひとつです。

 

ウェルスナビ と テオ はその形態も似ていることから、よく比べられる投資です。ウェルスナビの特徴などは過去に記事にまとめてあるので、こちらも併せて見てください。

 

 ウェルスナビについて詳しく見る

 

それではウェルスナビ と テオ をで比べて見ます。

 

ウェルスナビ テオ
企業 ウェルスナビ株式会社(資本金:56億円) 株式会社お金のデザイン(資本金:35億円)
運営開始 2016年7月 2016年2月
利用者 18万人 6.7万人
預かり資産 1300億円 360億円
最低投資額 10万円 1万円
運用手数料 1% 1%
出金手数料 なし なし
出金額 制限なし 10万円は残す
手数料の割引 長期割:最大0.9% カラーパレット:最大0.65%

 

犬がびっくり
登録者の実績はウェルスナビの圧勝だけど、テオはカラーパレットの手数料が魅力的だね!
笑顔の熊
そうだね!1万円から投資もできるし、それぞれに良いところがあるね。

まとめ

 

  1. テオ は1万円から投資できるロボアドバイザーである。
  2. 2019年4月から「カラーパレット」がはじまり手数料が安くなる。
  3. 初期投資を安くしたい人は テオ がおすすめ。

 

ロボアド業界はウェルスナビが一歩リードしている状態です。登録者が増え預かり資産が増えると運営が安定していくので、ウェルスナビの優位性は間違いないです。

 

しかしこれから手数料で テオ を選ぶ人も多く出てくるので、どちらを選択しても問題ないでしょう。

 

投資で大事なことは時間が取られないことだと思っているので、ウェルスナビ も テオ も非常におすすめできる資産運用です。

 

パソコンをいじる犬
資産運用を始めることが大事!

 テオの口座はSBIネット銀行がおすすめ

 上手なお金の貯め方

THEO×ウェルスナビ
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくかです。この記事は誰でもできる、生活費の削減を紹介しています。これから社会人となっていく人には特に読んでほしい内容です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。