送金アプリの紹介

スマホだけで送金できる便利なアプリ比較

バツを出し熊
友達にお金を手渡しするのはもう古いです!

・旅行の代金

・飲み会の費用

・ちょっとした立て替え

 

すべてにおいてスマホのアプリだけで送金できます!

怒る熊
いちいち現金を用意するのは面倒くさいんじゃ!

せっかく便利なアプリがあってもお互いに持っていないと機能しません。大事なことは送金アプリが普及することです。

 

そこで今回はこれから送金アプリを使いたい人がどんなアプリを使うべきなのかを比較検証します。

 

送金できる主なアプリは以下の5つです。

  • LINE Pay
  • Pring
  • Kyash
  • PayPay
  • Money Tap

 

広告

スマホだけで送金できる便利なアプリを比較

 

熊が虫眼鏡を覗く
個人に送金するのに大事な点を紹介するよ。
  1. 手数料がかからないこと。
  2. 現金化できること。
  3. 現金チャージの方法。
  4. 送金がかんたんなこと。
  5. 登録がかんたんであること。

この項目に注目して比べてみましょう!

 

LINE Pay

LINE Payロゴ

手数料 送金手数料:無料
現金化 可能(手数料216円)
チャージ方法 銀行口座 or ATM
送金までの簡単さ
登録までの簡単さ

 

対応している銀行口座

LINE Payには一部のネット銀行をのぞく、ほぼすべての銀行に対応しています。

※LINE Payで送金するには「本人確認」が必要です。銀行口座を登録することで本人確認は完了します。

本人確認や送金の方法

 

なんと言っても誰しもが持っているアプリというのが最大のメリットです。現金化する方法は登録している銀行口座に振り込むか、セブン銀行で引き出すかなのですが、どちらにしろ216円の手数料がかかるのが欠点です。

 

Pring

手数料 送金手数料:無料
現金化 可能(手数料0)
チャージ方法 銀行口座
送金までの簡単さ
登録までの簡単さ

 

対応している銀行口座

Pring で登録可能な銀行口座は現在まで13行です。

Pring 対応銀行

ゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行にはまだ対応していませんが、これからも拡大予定だそうです。(2019.3月現在)

 

※2019年3月12日に「セブンATM」と提携し、現金が引き出せるようになりました。(1日10万円、一回まで)

Pring を使いセブンATMでお金を下ろす。

 

Pring の良いところはアプリの使いやすさとデザインの可愛さです。送金のやり方がわかりやすいので、誰にでもおすすめできるはずです。

Pring についてもっと見る。




Kyash

kyashのロゴ

手数料 送金手数料:無料
現金化 不可能
チャージ方法 ATM or クレジットカード
送金までの簡単さ
登録までの簡単さ

 

Kyash は送金アプリというよりも決済に使えるプリペイドカードという機能がメインで、ついでに送金もできるという位置付けです。

 

送金されたお金は現金にすることはできないデメリットがありますが、クレジットカードでチャージできる大きいメリットがあります。

 

この凄いところはチャージに使ったクレジットカードにもポイントが付くということで、つまり送金するだけで1%程度のお金が還元されます。

自分が今イチオシのサービスなのでぜひ注目して欲しいと思います。

Kyash は最強の決済手段である

 

PayPay

手数料 送金手数料:無料
現金化 不可能(2019年3月時点)
チャージ方法 銀行口座 or Yahoo!カード
送金までの簡単さ
登録までの簡単さ

 

対応している銀行口座

ネット銀行をのぞく、ほぼすべての銀行口座に対応しています。ネット銀行はジャパンネット銀行のみが対応しています。

 

Kyash と同じくクレジットカード (Yahoo! JAPANカードのみ) が対応しているので、チャージでポイントが貯まります。

 

現金化は実現に向けて進行中だそうですが、現状では引き出すことはできません

 PayPayについての記事を見る

 

Money Tap

Money Tapデザイン

手数料 送金手数料:無料
現金化 可能(手数料0円)
チャージ方法 銀行口座と直結
送金までの簡単さ
登録までの簡単さ

 

対応している銀行口座

・住信SBIネット銀行

・りそな銀行

・スルガ銀行

 

Money Tap は他の送金アプリと違い、銀行口座と直接繋がっているのが特徴です。

つまり送金すると口座から引かれ、お金を受け取ると口座に入金されます。

 

手数料がなく入金スピードも速いですが、銀行口座が3行しかないデメリットがあります。

Money Tapについてもっと見る

 

5つのサービスを比較

 

送金手数料

すべてのサービスで無料

 

現金化

LINE Pay 可能 216円
Pring 可能 無料
Kyash 不可能
 PayPay 不可能
Money Tap 可能 無料

 

チャージ方法

LINE Pay 銀行口座 ATM
Pring 銀行口座
Kyash クレジットカード ATM
 PayPay 銀行口座 Yahoo!カード
Money Tap 口座と直結

 

対応している銀行口座

LINE Pay ほぼすべての口座
Pring 13行
Kyash 対応なし
 PayPay ネット銀行以外のほぼすべて
Money Tap SBI銀行 りそな銀行 スルガ銀行

 

まとめ

現金化を考えると LINE PayPring しか選択肢はありません。手数料を考えると Pring が優勢ですが、登録できる銀行口座が限られています。

 

単純に利益を考えると Kyash がもっとも良いですが、クレジットカードを登録することに抵抗がある人がいるかもしれません。そして現金化も PayPayと同様にできません。

 

その悩みを解決できるのが Money Tap なのですが、登録できる銀行が3行しかありません。

 

つまりすべてに一長一短があるので、何がベストという答えはありません。仲間内で話しあってひとつのアプリを使うのが正解です!

 

スマホと熊
便利だから送金アプリを使うべし!
送金アプリの紹介
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくか。特にこの記事はこれから社会人となっていく人に読んでほしい記事です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。