2019年のキャッシュレス

2019年のキャッシュレスはどうなる?/増税の裏で5%還元が受けられる




犬が驚く
2019年10月1日から消費税が10%になるんだってね!
熊がパソコンを
そう。そこで注目されてるのが「キャッシュレス」なんだ。

現在の日本の少子高齢化の社会を考えると、増税という対応は防ぎようがないです。

しかし今回実施されるであろう増税にはメリットもあり、10月からはキャッシュレス決済には5%還元が導入されます!

 

そこまでして政府がキャッシュレスを推進したい理由は

  • お金の流れが把握できる=脱税などを防ぎやすい
  • 消費者が何にお金を使ったか把握できる=ビッグデータの収集
  • 簡単決済で消費を向上させる=経済を成長させる

などが考えられます。

 

いずれにせよ10月からの増税をマイナスと捉えるよりも、キャッシュレスを利用して5%還元をしっかり得ることが重要なことです。

 

今回記事で紹介することは5%還元が受けられるキャッシュレスのおすすめです。10月から始まる増税に備えて、お得な情報を取りに行きましょう!

 

広告

消費税増後に使うべきキャッシュレスとは

 

まず大きくキャッシュレスの種類は3つに分けられます。

 

  1. カードタイプ…クレジットカードやプリペイドカード
  2. タッチ決済…SuicaやiD
  3. バーコード決済…PayPayやLINE Pay

 

増税後に5%還元となるサービスはキャッシュレスならすべてが対応しているわけではなく政府に認められた事業者のみが5%還元となります。

2019年4月12日時点で暫定的に登録された事業者は、以下の116企業のサービスです。

 

仮登録決済事業者リスト一覧(経済産業省発表)

 

主なキャッシュレス登録事業者

 

カードタイプ決済

三井住友カード

・楽天カード

・UCカード

・UFJニコス

・JCB

・VIEWカード

・イオンカード

・エポスカード

・リクルートカード

・セブンプラスカード

・ジャックスカード

・アメリカンエキスプレス

・Yahoo!ジャパンカード

Kyash  など

 

銀行系

・三井住友銀行

・三菱UFJ銀行

・ジャパンネット銀行

・楽天銀行

住信SBIネット銀行

・イオン銀行

・りそな銀行 など

 

バーコード決済

・Origami Pay

PayPay

LINE Pay

楽天ペイ など

 

事業者用決済

・コイニー

・Square

・Airpay

・楽天ペイ など

 

A型決済事業者とは
消費者に対してキャッシュレスを提供する企業のこと。実際にサービスを利用するのがA型決済事業者のものです。

 

B型決済事業者とは
事業者に対してキャッシュレスを提供する企業のこと。店舗に対して専用の決済端末やアプリを提供します。

 

既存の大手クレジット会社や、大企業が提供するサービスはほとんど認定されている状態でこれからも増え続けます。
現金を使わない決済は5%還元になると考えていいでしょう。




おすすめはバーコード決済

バーコード決済

キャッシュレスといえば平成は「クレジットカード」が代表でしたが、カードを持っていなくてはいけないことと、カードを紛失したら悪用されるデメリットがあります。

 

一方でここ最近普及率を伸ばしているのが「バーコード決済」です。スマホがあれば決済が完了し、スマホを紛失してもサービスを止めることができ不正利用を防ぎやすいという特徴があります。

 

これから市場を伸ばして行くのは間違いなく「バーコード決済」でしょう。

さらにバーコード決済の一番の魅力は圧倒的な還元率です。

 

「PayPay」や「LINE Pay」は20%還元をキャンペーンで実施しており、クレジットカードを使うよりかもはるかに還元されるのがバーコード決済の特徴です。

 

キャッシュレスの5%還元に加えて、バーコード決済での高還元も加われば、日本のほとんどの人がバーコード決済を利用することが考えられます。

 

PayPayとLINE Payの勢い

PayPayとLINE Pay

バーコード決済の中でも今もっとも勢いがあるのが「LINE Pay」と「PayPay」のふたつです。

 

どちらも期間限定で20%還元のキャンペーンを実施しており、他のキャッシュレスと比較しても顧客を取りに行く姿勢が違います。

PayPayとLINE Payのキャンペーンはコチラ

 

PayPayソフトバンクYahoo!の協力で生まれたサービスで、ここ半年で一気にシェアを拡大しCMや家電量販店では多くの広告を見ます。

 

LINE Pay は利用者はまだ多くないですが、メッセージアプリのLINEはネットユーザーの80%が利用しており、そのユーザーをLINE Payに取り込める潜在能力は凄まじいです。

 

最近のキャッシュレスの動きを見ていると「仕掛け」が多いのがこの2社で、今後もこのふたつのどちらかがトップシェアを取ると考えています。

チャンピオン




まとめ

 

  1. 増税が実施されるがキャッシュレス決済で5%還元にもなる。
  2. 5%還元されるのは現在まで政府に認定された116企業
  3. キャッシュレスのおすすめは「バーコード決済」
  4. 勢いがあるのはPayPayとLINE Payの2社

 

増税がはじまりキャッシュレスで5%が還元されるようになれば、今以上にキャッシュレスが注目され、今まで興味がなかった高齢者も関心も持たざるを得なくなります。

 

「よくわからないから」という理由で便利なサービスを利用しないことはとてももったいないです。今のうちから自分のベストな決済を使っていきましょう!

2019年のキャッシュレス
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくかです。この記事は誰でもできる、生活費の削減を紹介しています。これから社会人となっていく人には特に読んでほしい内容です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。