ふるさと納税オススメするサイトの特徴とお得な返礼品

こんにちは。元消防士ブロガーのゆきち(@yuki_one2)です。

昨年はふるさと納税をしましたか?2008年にふるさと納税が始まり、今では知らない人の方が少ないほど浸透しました。

ふるさと納税は2,000円の負担額だけで、自治体に応じて返礼品をもらうことができる制度です。

自分も過去3年にわたってふるさと納税を利用しましたが、いろんな返礼品があって魅力的でした。

QUESTIONでも正直ふるさと納税のサイトってたくさんあって、何が一番いいかわからない…

そこで今回はオススメのサイトを3つ厳選しました。各サイトに特徴があって、何を基準で選ぶかで人によってベストは違いますが、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はふるさと納税のオススメサイトを3つと、オススメする返礼品を紹介しています。

広告

ふるさと納税をするならこの3つのサイトがオススメ

そもそもふるさと納税が生まれた背景には地方を盛り上げる狙いがあります。

地方に住んでいる若い人は進学や就職を機に都心に集まるようになりました。 地方に高齢者しか残らないと生産性は落ちていくのは当然のことで、その打開策としてふるさと納税が誕生しました。

ふるさと納税とは?

2,000円の自己負担のみで、返礼品として自治体に応じて商品がもらえる制度です。寄付をして返礼品をもらい、寄付額に対して所得税と住民税が返ってくる仕組みです。

ふるさと納税ができる人

給料などの収入がある人なら誰でも可能です。だいたい200万円くらいの収入があると15,000円くらいの寄付ができます。

ふるさと納税の限度額の計算

寄付できる限度額は収入や世帯状況によって違います。給与明細があれば正確な寄付上限が求められます。

寄付できる限度額を計算する

引用:ふるさとチョイス限度額シュミレーション

ふるさと納税オススメの3つのサイト

ふるさと納税サイトを選ぶ基準は何を重視するかです。それぞれ特徴が強い3つのサイトを紹介します。

  1. ふるさとプレミアム
  2. ANAのふるさと納税
  3. 楽天ふるさと納税

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアム」の特徴は購入金額の2%分のAmazonギフトカードがもらえることです。

さらに支払いをクレジットカードで実行すれば、さらにカード分のポイントが付きます。

今の期間は2%還元ですが時期によっては1%にもなるので、今がチャンスかもしれません。

返礼品としては珍しく家電を扱っているのもふるさとプレミアムの特徴です。

ふるさとプレミアム

ANAのふるさと納税

ANAが運営するふるさと納税サイトです。

「ANAのふるさと納税」の特徴は返礼品100円に付き1ANAマイルが付きます。さらにANAカードの決済で1,000円で1獲得ポイントが付きます。

獲得ポイントとはANAカード付帯のポイントのことです。

シルトク

マイルを貯めるという点で一番オススメしたいのが三井住友のANAカードです。最強のクレジットカードという問題に答えはないで…

ANAが運営するふるさと納税サイトだけあって、返礼品に旅行券宿泊券が多いというのも特徴です。

ANAのふるさと納税を見る

楽天ふるさと納税

楽天が運営するふるさと納税サイトです。

「楽天ふるさと納税」の特徴は寄付額の1%が楽天ポイントで還元されるところです。

さらに寄付に楽天カードを使えば追加で3%の還元。さらにさらに定期開催の楽天スーパーセールで10%還元になるチャンスもあります。

楽天スーパーセールは3ヶ月に1回ほど開催し、購入した店舗数に応じて還元率が上がります。ふるさと納税もちがう自治体で寄付すれば、違う店舗で購入したこと同等になり寄付するほど還元率が上がっていきます。

楽天ふるさと納税を利用するならぜひとも、楽天スーパーセールを待ちたいですね。

楽天ふるさと納税を見る


還元率が高い返礼品とは

ふるさと納税で返礼品を選ぶ基準として還元率で見るという方法があります。

 

還元率とは?
寄付金に対しての返礼品の価値のこと。1万円の寄付に対して、返礼品に5,000円の価値があれば還元率は50%となる。しかし返礼品の価値はサイトに載っていないので、なかなか還元率を確定するのは難しい。

オススメしたサイトの返礼品ランキングから、それぞれトップ3の還元率を紹介します。

調べ方はネットショッピングで手に入る、一番近いものの値段を参考に還元率を出しています。

 

ふるさとプレミアムトップ3

第1位 村上牛肩ロース450g 10,000円

村上牛は300gを9,000円で売られれてるので還元率は135%


第2位 3銘柄お米15kg 10,000円

お米3つを合わせて還元率90%


第3位 泉佐野市カタログ 5,000円〜

還元率50%

ANAふるさと納税トップ3

第1位 淡路牛切り落としとステーキ 10,000円

還元率70%~90%

※売り切れのため詳細不明

参考:淡路牛切り落とし500gで2,800円。淡路牛ロース500gで7,000円


第2位 黒毛和牛 切り落としとミンチ2kg 10,000円

還元率70%


第3位 鳥取県産コシヒカリ8kg 10,000円

還元率56%

楽天ふるさと納税トップ3

第1位 豚肉高城の里3.6kg 10,000円

還元率65%


第2位 3銘柄お米15kg 10,000円

還元率90%


第3位 北海道産ななつぼし10kg 14,000円

還元率32%~

※鷹栖町のお米はあまり出回っていないので参考まで。


高還元の返礼品の傾向

ふるさと納税では還元率が50%以上になると高還元の品と言えます。今回返礼品を調べた結果では

  1. ブランド肉は還元率が高い
  2. 大阪の泉佐野市はふるさと納税に力を入れていて、良質な返礼品が多い
  3. お米は10kgで10,000円くらいだと高還元になる

という傾向がりました。

特殊な返礼品を扱っているふるさと納税サイト

最後に「ふるなび」というサイトの返礼品が魅力的で面白いので紹介します。

ちなみにふるなびもAmazonギフトカードを寄付額の1%もらうことができます。

還元率34%

ふるなびの特徴はApple製品を扱っていることです。もちろん特産品とは関係ないので、そのうち指摘されてなくなってしまうかもしれません。


還元率35%

自分も大好きなアップルウォッチです。14万円の寄付ができる人はタダ同然なのでお得ですね。


還元率50%

国内旅行で使えるギフトカードです。すこし前までAmazonギフトカードも返礼品として扱っていたのですが、それは問題となりなくなってしまいました。

Apple製品旅行券が返礼品として欲しい方は、ふるなびをオススメします。

ふるなびから「福岡県行橋市」を検索すると、Apple製品が選択できます。

まとめ

  1. Amazonギフトカードが欲しい人は「ふるさとプレミアム」
  2. ANAマイルが欲しい人は「ANAのふるさと納税」
  3. 楽天ポイントが欲しい人は「楽天ふるさと納税」
  4. Apple製品やギフトカードが欲しい人は「ふるなび」

を使えばいいと思います。

しかし一番大事なのはふるさと納税をやることです。ふるさと納税はメリットしかないので、収入の限度額いっぱい使って返礼品をもらいましょう。

Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくかです。この記事は誰でもできる、生活費の削減を紹介しています。これから社会人となっていく人には特に読んでほしい内容です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。