メルペイ

メルペイあと払いに売上金をあてる方法




こんにちは。元消防士でこのブログを書いているゆきち(@yuki_one2)です。

 

さてメルペイの最大70%還元みなさんは利用しましたか?

このキャンペーンに参加する条件は「あと払い」に設定することで、翌月に一括で支払わなくてはいけません。

 

あと払いをしっかりと利用した自分にとっては、一括で支払う方法が何があるのか気がかりでした。

なぜならメルペイにネット銀行が無かったから銀行口座を登録していなく、コンビニ支払いや銀行振込だと面倒だと思っていたからです。

 

自分のようにメルペイに銀行口座を持っていない人は、メルカリで稼いだ「売上金」を返済にあてたいはずです。

 

この記事ではメルペイの「あと払い」に売上金をあてる方法を紹介していきます。

 

ここで書いてあることは以下の通りです。

  1. あと払いの支払い方法
  2. あと払いのメリット/デメリット

 

還元が大きくとても便利になったメルペイですが、あと払いにすることで〝損〟をしてしまうかも知れません。便利な機能こそしっかりと使いこなしましょう。

 

広告

メルペイのあと払いに売上金をあてる方法

メルペイあと払いサムネ

【メルペイのあと払いとは?】

メルペイでの購入代金を、翌月にまとめてお支払いできるサービスのことです。

メルカリでのお買い物や、メルペイを使ったコンビニなどの決済にあと払いが利用できます。

 

【あと払い設定方法】

⑴ トップ画面の「お店のお買い物もあと払いで」という青い枠をタップする。

⑵ 本人確認を完了する。

お買い物もあと払い
お買い物もあと払い

⑶ メルペイトップ画面の「支払い方法を変更」をタップする。

⑷ 「メルペイあと払い」を選択する。

あと払いに設定
あと払いに設定

あと払いのメリット/デメリット

メリット

・現在支払い能力がなくとも買い物ができてしまう。

・最大70%還元のキャンペーンに参加できる。(このキャンペーンは終了)

・利用額の上限が設定できる。

 

デメリット

・翌月にまとまったお金が必要。

手数料がかかる。(キャンペーン中は無料だった)

 

キャンペーン中はあと払いの設定で50~70%還元だったため、あと払いを設定しない手はなかったですが、今となってはあと払いを設定することはおすすめできません。

 

手数料は無駄だし、使った額を後から一括で支払うのはあまり気持ちのいいことではありません。

メルペイはその都度払っていきましょう。




あと払いに売上金をあてる方法

 

メルペイのあと払いを利用すると翌月に支払いの催促の案内が来ます。

チェックを確認
支払いの確認

「やることリスト」の支払いの催促を選択すると、先月の利用明細を確認することができます。

さらに「支払う」をタップすると、支払い方法の選択をすることになります。

利用金額の確認
支払いの選択肢

あと払いの支払い方法は

  • 口座振替
  • メルペイ残高払い
  • コンビニ/ATM支払い

のいずれかです。

ここでメルペイ残高支払いを選択すれば、売上金をあてることができます!

 

メルペイ残高支払いに〝ポイントを併用してお支払いできます〟とありますが、ここで利用できるポイントは友達紹介などで得たポイントのみで、基本は売り上げ金をあてることとなります。

 

メルカリの公式ページにも《メルペイあと払いの清算において、売上金で購入したポイントはご利用できませんが、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントはご利用可能です。》とあります。

 

支払いの完了

 

いずれかの方法で支払いが完了すれば、あと払いの決済は完了です!

これで自分の「売上金をあと払いの決済に使いたい」という希望が叶うことがわかりました。

まとめ

  1. あと払いは翌月に一括で決済できるサービス。
  2. あと払いは手数料がかかるのでキャンペーン以外は利用しない方が良い。
  3. あと払いはメルカリで作った売上金をあてることができる。

 

スタイルとしては手数料があるし、クレジットのリボ払いに近いような気がします。今手持ちが無いと理由で安易にあと払いにするのは、ちょっともったいないですね。

 

企業が儲かる一番の近道は手数料を取ることなので、どの会社もこぞって手数料をかける仕組みを作っています。

自分たちはできるだけ無駄となる手数料は払わずに、良いサービスだけ使っていきたいですね。

メルペイ
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくか。特にこの記事はこれから社会人となっていく人に読んでほしい記事です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。