PayPay残高の種類

PayPay残高の種類をわかりやすく解説します




こんにちは。キャッシュレス推進ブロガーのゆきち(@yuki_one2)です。

2019年9月30日以降をもって「Yahoo!マネー」とPayPayが統合するため、PayPayの残高がより複雑になります。

 

9月30日以降は

  1. PayPayマネー
  2. PayPayライト
  3. PayPayボーナス
  4. PayPayボーナスミニ

4つに分類されることになりました!

 

犬が驚く
もう何がなんだかさっぱりわからない!!

PayPay側にもこれには事情があり…

 

じつはPayPayの残高を現金化するために、このような仕様になったのです。

 

今までのパターンで現金化をしてしまうと、クレジットカードでチャージした金額を現金化できてしまうので、それだと法的に「アウトなんです。

 

つまり今回の分類はPayPayをより便利にするための施策ということなんですね。

 

困る犬
それは分かったけど、種類が多くて区別がつかないよ…
熊がパソコンを
大丈夫。わかりやすく解説してあげるよ。

 

この記事ではPayPay残高の4種類をわかりやすく紹介します。

 

広告

PayPay残高はこうやって使い分けよう

考え中

 

⑴ PayPayマネー

 

PayPayマネーはほとんど現金と価値は同じものと捉えていいです。

PayPayの残高を現金化するために新しく作られた項目が「PayPayマネー」です。

 

そのためクレジットカードでチャージすることはできませんが、全ての用途で使うことができます。

 

・有効期限:無限

 

残高にチャージする方法

・銀行口座から引き落とし

・ヤフオクの売上金

 

利用できること

・現金に換える

・送金する

・買い物に使う

 

⑵ PayPayマネー・ライト

 

クレジットカードでチャージできる残高ですが、現金化することはできません。それ以外は「PayPayマネー」と同じ扱いです。

 

・有効期限:無限

 

残高にチャージする方法

・クレジットカード

 

利用できること

・送金する

・買い物に使う

 

⑶ PayPayボーナス

 

PayPayの買い物に使ったポイント還元や、キャンペーンで付与される残高のことです。

使うことで貯まるものなので、自分でチャージするものではないです。

 

・有効期限:無限

 

利用できること

・お買い物に使う

 

⑷ PayPayボーナスミニ

 

有効期限が短い「PayPayボーナス」です。キャンペーン内容によってはこちらの「PayPayボーナスミニ」で還元されることがあります。

 

有効期限:60日

 

利用できること

・お買い物に使う

 


 

にまとめると下の図になります。

 

PayPay図解

 

種類が増えてわかりづらいとは思いますが、僕としては現金化ができるのはいい傾向だと思います。

 

そして今後もPayPayのキャンペーンには期待しています!!

PayPay残高の種類
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくか。特にこの記事はこれから社会人となっていく人に読んでほしい記事です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。