スマホを操作する手

格安SIMをオススメする理由とLINEモバイルについて

こんにちは。元消防士ブロガーのゆきち(@yuki_one2)です。

携帯の契約会社といえば以前は3大キャリアが一般的でしたが、今は格安SIMが馴染んで来ましたね。

熊がパソコンを
3大キャリアとはDoCoMo・Softbank・auのことです。

あなたは格安SIMを使っていますか?

自分は「LINEモバイル」をいう格安SIMを使っていて、毎月の通信費は1,600円におさまっています。

出費を抑えることは収入を上げることと同じ効果があり、お金を貯めるためには大事なことです。

今回の記事は以下の3つを紹介します。

  1. 格安SIMとは何か
  2. 格安SIMのメリット・デメリット
  3. オススメの格安SIM

毎月の通信費は馬鹿になりませんね。毎月の通信料が高いと思っている人はぜひ格安SIMを検討してみてください。

広告

格安SIMのLINEモバイルを使おう

 

格安SIMとは?
MVNOが運営する通信契約のこと。3大キャリアに比べて月額費が圧倒的に安いことからこう呼ばれる。
MVNOとは?
通信のための回線を3大キャリアから借りて運営する、通信業者のこと。仮想移動体通信事業者( Mobile Virtual Network Operator)の略。

 

 格安SIMの事業者の例

格安SIMを展開している事業者の一部と、その料金設定などを紹介します。

DMMモバイルのアイコン

 DMMモバイル

3G:1,500円
1年契約
キャリア回線:DoCoMo


UQのイメージ画像

 UQモバイル

3G:1,980円
2年契約
キャリア回線:au


miophoneのアイコン

 IIJmio(アイアイジェイミオ)

3G:1,600円
1年契約
キャリア回線:DoCoMo・au


mineoのアイコン
 mine(マイネオ)
3G:1,510円
1年契約
キャリア回線:すべて

楽天モバイルのアイコン

 楽天モバイル

2G:1,480
3年契約
キャリア回線:DoCoMo・au


LINEモバイルのアイコン

 LINEモバイル

3G:1,690円
1年契約
キャリア回線:DoCoMo・SoftBank

格安SIMが安い理由

 

熊が虫眼鏡を覗く
なんで3大キャリアと比べて料金が圧倒的に安いの?

格安SIMが安いことには大きく4つの理由があります。

 

通信用の回線を借りているから

格安SIMの事業者は自分で回線を持っていないため、回線の維持費・管理費がかかりません。そのため3大キャリアに比べて料金を安く抑えられます。

 

店舗を持っていないから

格安SIMはインターネットでの販売をメインとしているので、店舗をほとんどかまえていません。3大キャリアに比べて人件費や店舗費がかからないため安く抑えることができます。

 

電話本体を別売りしている

格安SIMの事業者は3大キャリアのように本体を売っているわけではありません。通信形体だけ契約することで料金を安くすることができます。

ひと昔までの携帯電話の更新といえば店舗に携帯端末を探しに行って、気に入ったものがあれば契約するというカタチでした。

しかし格安SIMは少し違い、通信用のSIMカードだけを契約することができます。もちろん機種を一緒に購入することもできます。

SIMカードの大きさの比較
SIMカードは携帯電話には必須のカード。

今の時代だと必ずしも携帯端末を買う必要がなくなりました。それが格安SIMです。

 

話かけ放題がない

3大キャリアだと電話かけ放題のオプションがついているものがほとんどです。格安SIMは通話時間に制限があるので、料金も安くなっています。

しかし今の時代だと通話する手段にLINEなどの、インターネットを通じて電話することができます。これは無料でできます。

 

・電話回線を借りている
・店舗を持っていない
・携帯本体を別売り
・電話かけ放題がない




格安SIMのメリット

では格安SIMを使うメリットを紹介します。

 

料金が安い

一番のメリットは安いことでしょう。先ほどの事業者の紹介でわかるように、平均通信料3GBで1600円くらいです。

どの事業者を使っても大きくは違いがないですが、UQモバイルは一定期間が過ぎると値上げが始まるので注意です。

 

契約期間の縛りが短い

3大キャリアだと2年契約が主流となっています。これは契約期間内に解約すると違約金として1万円くらい支払いが生じるということです。

携帯会社としては長く契約者を自社に縛りつけたいと思っているので、この契約期間を設けています。

格安SIMはこの契約期間の縛りがだいたい1年間です。楽天モバイルUQモバイルは2~3年と長めの設定になっています。

 

使える機種端末が自由

iPhoneやGalaxyなど有名な端末が基本的にすべて使えます。注意して欲しいのがもともと3大キャリアで使っていたものを、格安SIMで使おうとした場合「SIMロック」がかけてあり使えない場合があります。

その場合は「SIMロック解除」をすれば格安SIMでも使うことができます。

 

SIMロックとは?
3大キャリア各社で採用する通信規格や、周波数帯は少しずつ違っています。各社のSIMカードに合わせて利用制限することをSIMロックといいます。つまり同じSIMカードで各社の端末は使えないのです。
SIMロック解除とは
この利用制限を解くことをSIMロック解除といいます。3大キャリア各社とも条件によっては無料で行っていて、デメリットは一切ありません。

 

・料金が安い
・契約期間が短い
・端末が自由

格安SIMのデメリット

 

逆に格安SIMのデメリットも紹介します。

 

街に店舗がない

店舗がないおかげで料金は安くなりますが、故障などの対応を早急にしたいなどの要望がかないません。

格安SIMの中には楽天モバイルのように店舗を多く構えているところもありますが、ほとんどの事業者は店舗を構えていません。

 

電話回線での通話料が高い

3大キャリアのように電話かけ放題というサービスを行っていないので、電話回線で通話ができる時間が限られています。

さらに契約時間外にまで及んで通話を続けた場合は、約30秒で20円の料金がかかります。

しかし先ほどのようにLINEを通じて、インターネット回線を介しての通話は無料でできます。

 

それまで使っていたメールアドレスが使えない

3大キャリアだと独自のメールアドレスがあります。例えば「@docomo」とか「@softbank」というアドレスのことです。

契約会社を変えるのだから使えなくなるのは当然ですが、メインのアドレスが変わってしまうのはなかなか面倒なことです。

こういう時に困らないように「Gmail」や「Yahooメール」を普段から使うことをオススメします。これなら契約会社が変わろうと影響がないです。

 

通信速度は遅いのか?

熊が虫眼鏡を覗く
よく格安SIMは遅いって聞くけどなあ。大丈夫なの?

通信回線を借りているわけですから、3大キャリアに比べると回線の優先度は下がります。

しかし自分はここ数年格安SIMを使っていますが、生活に支障が出るほどの遅さはまったくありません。動画を見るときもサクサク動いてくれます。

これは格安SIMの事業者によっての通信速度の違いがあるので、契約する前にはよく調べた方がいい項目です。

・店舗がない
・通話料が高い
・アドレスが変わる

オススメの格安SIMはLINEモバイル

 

そして自分がオススメする格安SIMは「LINEモバイル」です。

LINEモバイルの宣伝画像

 

LINEモバイルを見に行く

 

他の格安SIMと違う、LINEモバイルを使うメリットは3つあります。

  1. わかりやすい料金設定
  2. LINEポイントが貯まる
  3. LINE上で管理できる

LINEモバイルの料金設定

 

LINEモバイルには3つのプランがあります。

 

LINEフリープラン

料金表

アプリのLINEだけできれば問題ないという人向けのプランです。メールアプリのLINEには一切通信料がかからないのがLINEモバイルの特徴です。月額500円というシンプルさが目立ちます。

 

コミュニケーションフリープラン

料金表

一番選ぶ人が多い標準的なプランで、自分もこのプランの3GBで契約しています。このプランの特徴はLINEに加えてSNSアプリ「Twitter」「Facebook」「Instagram」の通信料がかからない点です。

SNSがやりたい放題なので、通信容量も3GBであれば十分に使えます。現代人にはピッタリのプランだと思います。

 

MUSIC+プラン

料金表

SNSに加え、音楽アプリ「LINE MUSIC」の通信料がかからないプランです。LINE MUSICを使うには別途毎月750円が必要です

自分もLINE MUSICを使いましたが、かなり豊富なラインナップで非常に楽しめました。音楽アプリとしては非常に優秀だと思います。

SNSと音楽に通信料がかからないので、音楽好きで毎月750円を払っていい人にはピッタリなプランです。

毎月LINEポイントがもらえる

 

毎月の料金に対して1%のポイントバックがあります。1,600円の利用であれば毎月16ポイントが貯まります。

LINEポイントの使い道はそのまま通信料に充てることもできますし、お金として引き出しこともできます。

しかしLINEポイントの一番すごいところはマイルに交換できることです。LINEポイントだと1ポイントが0.82マイルに交換できます。

マイルに交換する方法はこちらを

こんにちは。元消防士のゆきち(@yuki_one2)です!この記事ではポイントサイトを使ってマイルを生み出す方法を紹介しています。   誰でもかんたんにインターネットでお小遣いを稼ぐ方法「セルフバック」を知ってますか? &[…]

通信量などの管理がLINEでできる

 

LINEモバイルを契約すると、LINEの友達に「LINEモバイル」が登録されます。

LINEモバイル管理画面

LINEの画面上で「今月あと何GB使えるのか?」や「先月の料金はいくらだったか?」など、知りたい情報をすぐに調べることができます。

日本人は日常的にLINEを使う人が多いので、LINE上で管理できるというのは他には無い大きなメリットです。

 

LINEモバイルを見に行く

 

・料金設定がシンプル
・LINEポイントが貯まる
・管理がわかりやすい

3大キャリアからの移行について

悩む犬
今はキャリアの携帯電話使ってるんだけど、どうやって格安SIMにしたらいいの?

大きく3つのステップがあります。

  1. MNP予約番号を取得する
  2. 格安SIMのサイトからMNP予約番号を入力し、格安SIMを契約する
  3. 届いたSIMカードを使っているスマホに差し替える

 

MNP予約番号とは
「モバイルナンバーポータビリティ」の略。携帯電話番号をそのままに他の通信会社に乗り換える手続きのこと。予約番号を取得してから15日以内に次の通信会社に乗り換えないと、番号は失効してしまう。

 

MNP予約番号を入力し次の通信会社に移り変わった時点で、同時に以前の通信会社との契約は終了します。改めて前の通信会社との契約を解除する必要はありません。
3大キャリアからの移行についてはこちらの記事を参考にしてください。
格安SIMに移行する記事を読む

こんにちは。元消防士ブロガーのゆきち(@yuki_one2)です。 格安SIMの記事でLINEモバイルを推したので、3大キャリアからの乗り換え方法についても書いていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygo[…]

SIMロック解除の方法

携帯とSIMカード

先ほど紹介したSIMロック解除について説明します。

3大キャリアともSIMロック解除の方法は「端末をショップに持ち込む方法」と「インターネット上で実施する方法」があるようです。

ショップに持ち込む方は手数料が3,000円がかかり、インターネット上は無料で解除してくれます。手間とお金を考えればインターネットで実施した方が断線お得です。

まとめ

  • 格安SIMとは料金が圧倒的に安い携帯電話のこと
  • 格安SIMのメリットは安い・契約と端末に縛りがないこと
  • デメリットは店舗がない・通話料が高いこと
  • オススメの格安SIMはLINEモバイル

現状では3大キャリアを使うメリットはあまりないと思います。しかしこれから3大キャリアも大幅な値下げを実施するようなので、そうなると状況も変わってきます。

今使っている携帯電話の通信料が高いと思うなら、ぜひ格安SIMを検討してみてください。

スマホを操作する手
Twitterもチェックしてね!
広告
>手元にお金を残したい

手元にお金を残したい

頑張るべきことはたくさん働いてお金を作ることではなく、いかに生活に無駄をなくしていくかです。この記事は誰でもできる、生活費の削減を紹介しています。これから社会人となっていく人には特に読んでほしい内容です。知らないだけで僕たちにできることはたくさんあるんです。